「 いだてん〜東京オリムピック噺〜 一覧 」 一覧

no image

いだてん〜東京オリムピック噺〜 第11話

1960年東京オリンピックを控える田畑政治(阿部サダヲ)は開会式を研究すべく、ストックホルムオリンピックの記録映像に見入る。そこに映っていたのは・・・。

no image

いだてん〜東京オリムピック噺〜 第10話

ストックホルムに到着した四三(中村勘九郎)だが、夜になっても明るい白夜に苦しめられる。大森兵蔵(竹野内 豊)の体調も芳しくなくて、トレーニングは・・・。

no image

いだてん〜東京オリムピック噺〜 第9話

四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)は、ついに新橋駅を出てストックホルムに向け旅立つ。ウラジオストクやハルビンを経由してのシベリア鉄道17日間の旅。しかし不手際で治五郎(役所広司)の渡航が遅れてしまい・・・。...

no image

いだてん〜東京オリムピック噺〜 第8話

大金を携えて上京してきた兄・実次(中村獅童)から、春野スヤ(綾瀬はるか)の働きかけで資金を得られたと知る四三。スヤと無邪気に野山を駆けていた自分が、オリンピックのために海を渡る不思議さを感じていたが・・・。...

no image

いだてん〜東京オリムピック噺〜 第7話

治五郎(役所広司)の口車にのせられて自費で渡航費を用意しなければならない金栗四三(中村勘九郎)は、兄・実次(中村獅童)に藁(わら)にもすがる気持ちで資金援助の手紙を出したが、いっこうに返事がなくて・・・。...

no image

いだてん〜東京オリムピック噺〜 第6話

オリンピックに送るに足るだけの選手を見つけて喜ぶ治五郎(役所広司)だったが、派遣費用が莫大で頭を抱える。おまけにマラソンを制した四三(中村勘九郎)と短距離の覇者・弥彦(生田斗真)は出場を断ってきて・・・。...

no image

いだてん〜東京オリムピック噺〜 第5話

高座に上がったほろ酔いの志ん生(ビートたけし)は、古典落語「芝浜」を語ると思いきや突然オリンピックの噺(はなし)を始めてしまって・・・。

no image

いだてん〜東京オリムピック噺〜 第4話

高師のマラソン大会で3位となった四三(中村勘九郎)。表彰式で憧れの嘉納治五郎(役所広司)に声をかけられてさらに発奮し、むちゃな練習をやってしまい・・・。

no image

いだてん〜東京オリムピック噺〜 第3話

家族の期待を一身に背負って上京した四三(中村勘九郎)だったが、東京高等師範学校での寮生活になじめない上に、スヤ(綾瀬はるか)の見合いがあると聞いてしまい・・・。

no image

いだてん〜東京オリムピック噺〜 第2話

幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)に励まされ、嘉納治五郎(役所広司)が校長を務める東京高等師範学校への進学を決意した四三だったが・・・。

no image

いだてん〜東京オリムピック噺〜 第1話

1959年、五輪招致目前の東京。大渋滞の日本橋を通りかかった落語家の古今亭志ん生(ビートたけし)は寄席に向かっていた。そこで話したのは・・・。

no image

いだてん〜東京オリムピック噺〜