「 文学処女 一覧 」 一覧

no image

文学処女 第8話

加賀屋(城田優)が婚約者と死別していた事実を知る鹿子(森川葵)。「僕みたいな男はやめたほうがいい」そう鹿子を突き放す加賀屋。何故婚約者の彼女は・・・。

no image

文学処女 第7話

加賀屋(城田優)が鹿子(森川葵)との恋愛に踏み切れない理由──そこには加賀屋がかつて愛した女性の存在が・・・。

no image

文学処女 第6話

加賀屋(城田優)の本音を聞いてショックを受ける鹿子(森川葵)。そんな鹿子に「俺は大事にするよ」と告白する望月(中尾暢樹)。しかし、加賀屋に鹿子を連れ去られてしまい・・・。

no image

文学処女 第5話

「先生、この気持ちは、恋でしょうか…」そんな鹿子(森川葵)の問いかけに「デートしようか」と加賀屋(城田優)は言うが・・・。

no image

文学処女 第4話

サイン会を終えた鹿子(森川葵)は、加賀屋(城田優)へのこれまで感じたことのない胸の高鳴りを感じてしまい・・・。

no image

文学処女 第3話

ホテルのベッドで上半身裸の加賀屋(城田優)とともに目を覚ました鹿子(森川葵)。「まさか先生と……!?」酔っ払っていたのか全く記憶がない鹿子は・・・。

no image

文学処女 第2話

加賀屋(城田優)の機嫌を損ねてしまった鹿子(森川葵)はホテルの部屋に連れていかれる。まさか処女喪失の危機……!?と思いきや、加賀屋は打合せをしようと言い出し・・・。

no image

文学処女 第1話

出版社の文芸編集部で働く月白鹿子(森川葵)は、恋愛経験がない26歳。超売れっ子ミステリー作家、加賀屋朔(城田優)の担当に抜擢され張り切る鹿子だったが、加賀屋の機嫌を損ねてしまい、「もうお宅では書きません」と引導を渡されて・・・...

no image

文学処女

『文学処女』は2018年9月11日からTBS系列にて放送。主演は森川葵・城田優。「LINEマンガ」で連載中の中野まや花氏による同名漫画を原作にドラマ化することになった。主人公・月白鹿子(森川葵)は、文芸編集部で働く未だ本・・・...