「 覇穹 封神演義 一覧 」 一覧

no image

覇穹 封神演義 第14話

楊戩を蝕む王天君の寄生宝貝生物。しかし、それは楊戩だけでなく、崑崙山側の仙人たちをも蝕んでいた。哪吒を除く金鰲島に潜入した仙人たちの誰もが体力を削られていき、早くもピンチを迎える太公望たち。そんな中、崑崙山の液体プールで・・・...

no image

覇穹 封神演義 第13話

古時計が時を刻む宿命の部屋で、ソファに座って向かい合う太公望と王天君。「さぁ、どぉするよ太公望?」王天君の問いかけに、自らの過去を振り返り始める太公望。そして、その回想は王天君の回想に受け継がれ・・・。...

no image

覇穹 封神演義 第12話

チーム分けをして金鰲島内に潜入した太公望たち。太公望は昔からの友人である普賢真人とチームを組んで、聞仲がいる金鰲島の核を探すことに。しかし、一行は氷を操る空間宝貝・寒氷陣の中に引きこまれてしまう。そこで待ち受けていたのは・・・...

no image

覇穹 封神演義 第11話

玉鼎真人が死を賭して救出した楊戩。しかしその体は、王天君の宝貝によって衰弱しきっていた。一旦、崑崙山へ戻り作戦を立て直す太公望。「かたき討ちだ」と激しく憤る十二仙たちを制し、チーム分けして潜入することを提案する。その頃、・・・...

no image

覇穹 封神演義 第10話

孫天君の空間宝具・化血陣に苦戦する太公望たち。しかし、玉鼎真人は太公望の策によっておもちゃの中に紛れた孫天君の本体を見極め、一刀で切り捨てる。化血陣からの脱出に成功した太公望たちの前に、今度は・・・。...

no image

覇穹 封神演義 第9話

十天君のリーダー・王天君の予期せぬ手助けによって、金鰲島のバリア解除に成功した楊戩。崑崙山と金鰲島の衝突によって、戦況も一変する。張天君との戦いによってボロボロの楊戩を救出するため、金鰲島潜入を決意する太公望。一方の金鰲・・・...

no image

覇穹 封神演義 第8話

バリアを解除するため、金鰲島に潜入した楊戩。十天君の一人、張天君の空間宝貝「紅砂陣」に手こずりながらも、禍々しいオーラと共に”ある変化”をし始めるーー。一方、崑崙山内で、楊戩によるバリア解除を信じて待つ太公望たち。しかし・・・...

no image

覇穹 封神演義 第7話

ついに仙界大戦の幕が開いた!聞仲は金鰲島を発進させ崑崙山に全面対決を仕掛ける。和解を考えていた太公望も迎撃せざるを得ず、崑崙山の指揮を執ることに。しかし、金鰲島の圧倒的な戦力と主砲・通天砲の前に苦戦する崑崙山。主砲の元始・・・...

no image

覇穹 封神演義 第6話

西岐では姫昌が病に倒れていた。もしもの時のため、息子である周公旦から「次男の姫発に会ってほしい」と頼まれる太公望。跡継ぎとして相応しいか?その器を確かめるため、姫発を探しに街へ出ることに。一方、朝歌では、妲己の策略が着々・・・...

no image

覇穹 封神演義 第5話

武成王一行を救出するため駆け付けた太公望たち。その前に立ちはだかる聞仲の放った刺客・九竜島の四聖。太公望と高友乾、哪吒と李興覇、楊戩と王魔と、次々に戦いの火蓋が切られる!そんな中、禁城では申公豹が・・・。...

no image

覇穹 封神演義 第4話

殷の西部・西岐で、なぜか兵士に農耕の指導をしている太公望の姿が。実は太公望、西岐で軍師の役職に就いていた。それは、遡ること数日前――。釣りに明け暮れる太公望の前に・・・。

no image

覇穹 封神演義 第3話

太公望と四不象の前に、禁城にいるはずの妲己が突如現れる。予期せぬ襲来に慌てふためく太公望たち。しかし、それは仙人界で一人だけ変化の術を使えるという天才道士・楊戩の変身した姿だった。一転、強力な味方が増えたと喜ぶ太公望。が・・・...

no image

覇穹 封神演義 第2話

妲己の策略の前に、自らの無力を思い知らされた太公望。強力な仲間を作るはずが・・・ボケーッと釣りに明け暮れる日々。一方、朝歌には、武成王・黄飛虎の盟友である殷の太師・聞仲が遠征から戻ってきていた。聞仲はかつて妲己とも一戦を・・・...

no image

覇穹 封神演義 第1話

紀元前11世紀、殷の時代――。悪しき仙女・妲己によって、殷の皇帝・紂王は傀儡と化していた。人間界の混乱を収めるため、崑崙山の教主・元始天尊は、一人の道士を呼び出す。彼の名は太公望。そして、彼に命じられた任こそ・・・。...

no image

覇穹 封神演義

藤崎竜の人気漫画「封神演義」の新作TVアニメ版『覇穹 封神演義』が、2018年1月より放送スタート! 古代中国「殷王朝時代」――。 時の皇帝・紂王は、文武両道に長けた明君であったが、絶世の美女・妲己を皇后に迎えて以来、あ・・・...